吉里吉里Zでのリリース

吉里吉里Zで作ったゲームを配布するにはリリース作業が必要です。吉里吉里Zにはリリーサなどの配布用ツールが同梱されていないため少し手間がかかります。

xp3にまとめる

吉里吉里2ではリリーサ(krkrrel.exe)を使いましたが吉里吉里Zには同梱されていません。吉里吉里2のリリーサをそのまま使えます。

アイコンを変える

吉里吉里2では吉里吉里設定ツール(krkrconf.exe)で変更できましたが吉里吉里Zでは使えません。

代わりに一般的なアイコン変更ツールが使えます。例えばResourceHackerなどが利用できます。

破損チェックツール

破損チェックツールを一緒に配布すると、ゲームが起動しないときにファイルが破損していないかチェックできます。
吉里吉里2のチェックツール(ファイル破損チェックツール.exe)と署名ツール(krkrsign.exe)がそのまま使えます。

エンジン設定ツール

吉里吉里2ではエンジン設定ツール(エンジン設定.exe)が使えましたが吉里吉里Zでは使えません。

代わりに、吉里吉里Z本体を起動する際に-userconfオプションを付けて起動すると設定ツールが開きます。配布する際は以下のようにするのが簡単です。

  1. ゲーム本体と同じフォルダに「ユーザ設定ツール.bat」というファイルを作成します。
  2. 作成したファイルをテキストエディタで開きます。
  3. 以下を書き込んで保存します。「tvpwin32.exe」の部分は自分のゲームのファイル名に書き換えてください。
    start "" %~dp0/tvpwin32.exe -userconf
    

以上で「ユーザ設定ツール.bat」を起動すると設定ツールが開くようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。